平和な日常を取り戻そう|犯行の瞬間を録画!防犯カメラが家族を守る
ロゴ

こんなところにも仕掛けられている!盗聴器調査で暴かれる真実

平和な日常を取り戻そう

男性

盗聴器調査の専門業者とは

盗聴器調査を専門にしている業者も日本にはいくつかあります。今までは、主に探偵業をしている人たちが片手間にやるのが盗聴器調査だったのですが、最近は盗聴器の小型化や高性能化が進んできています。その結果、特別な勉強や訓練をしている人でないと発見をすることさえできないケースが出てきたのです。発見ができても、解除はさらに難しくなることがありますね。コンセントの中に仕込まれている場合には、電気工事士の資格が必要になったりと、年々盗聴器調査のハードルは上がり続けています。生半可な知識や経験では太刀打ちができないので、その発見や解除を専門的に行う業者の需要も高まってきています。専門業者なら、腕があるので安心して任せられますね。

盗聴器が仕掛けられている家の特徴

盗聴器は、現在住んでいる人をターゲットに設置されているとは限りません。前の住人をターゲットにして設置されているケースも多いのです。たとえば、ワンルームマンションで、前に住んでいた人が若い女性だという場合には、盗聴器が仕掛けられたまま残されていることが考えられます。一般的に、借り主が頻繁に変わる都市部の賃貸マンションほど、盗聴器が仕掛けられている可能性は高まります。ごく普通の一戸建てなら、あまり心配をする必要がないかもしれません。マンションの部屋は、割と大勢の人が出入りしているものです。空室になっているときには、内見のために様々な人がやってきます。その際に付けられてしまうということも考えられますね。

調査方法と費用

調査方法は、専用の受信機を使って行います。盗聴器からは電波が飛ばされているので、それをキャッチするわけです。受信機が反応をしなければ、盗聴器はないということになるのですが、最近の盗聴器は本当に手が込んでいて、受信機に発見されにくい電波を飛ばしているケースもあります。帯域の広い最新の機器がなければ発見ができないこともありますから、業者選びは重要になります。費用は、部屋の広さによって変わります。一般的なワンルームマンションなら、二万円ほどで調査はしてもらえます。ただ、これはあくまでも盗聴器調査費用でしかありません。他にも盗撮などをカバーするなら、追加で費用はかかりますね。また、解除にはさらに別途費用がかかる点にも注意したいですね。

広告募集中